アライヴン ネットワークビジネスのセミナーは負担になっていませんか?

声をかける人脈が尽きても大丈夫!惹き寄せオンラインリクルート法とは?

 

アライヴン ネットワークビジネスのセミナーは負担になっていませんか?

セミナー会場2

ネットワークビジネスはほとんどがセミナーを開催していますね。

何のためにセミナー開催しているのでしょうか。

・自社製品等の魅力を十分に伝えることができる

・少ない回数で多くの人に接触が可能

・大人数が集まる場だからこそ一体感が生まれる

・仲間を増やす、新たな人脈を広げるチャンスになる

洗脳されることってどういうこと?

洗脳会場

アライヴンなどのセミナーに行ったら、洗脳されてしまった、なんてことありますよね!

実は私も過去にいくつかのセミナーに参加して洗脳されてしまったくちです!(笑)

アライヴンのセミナーに来る人は、皆さんオシャレで垢ぬけてる人が多いです。

登壇者はみな成功者で憧れてしまいます。

アライヴンに限らず、ほとんどのネットワークビジネスが、セミナーを開催しています。

大音量で音楽を流し、会場の雰囲気を盛り立てます。

成功者の話を聞くと自分もその気になって思わず乗せられてしまいます。

「過去に2千万の借金がありましたが、全額返済しました!」

「今は海外旅行を楽しんでいます!」

なんていう話を聞くと、自分もやってみたくなってしまいます。

そして、アライヴンのメンバーたちも大盛り上がり、
立ったり座ったり、まるで宗教のよう。

まだ参加してない人から見ると、異様な雰囲気ですよね。

しかし、この熱気に包まれてしまう人も実際にいるんです。

それで思わずサインしてしまう人もいます。

でも、電車に乗って帰路につく間に徐々にその気持ちが薄れ、不安感が出てきます。
本当に自分でもできるのだろうか?と。。。

真面目に正しくアライヴンの活動している人もいますので、一概にアライヴンのやり方が悪いと言う意味ではありません。

誘う段階できちんと〇〇のセミナーですよと言わないで誘うと違法になります。

洗脳される人ってどんな人?

洗脳される人

誰もが洗脳されるわけではなく、洗脳される人ってどんな人でしょうか?

共通した特徴があるようです。

・お金や育児、介護などで悩みがある人

・嫌なことはやりたくない人

・夫や家族と上手くいっていなく友達もいない人

・今の仕事や給料などで満足していない人

・真面目で純粋な人で信じやすい人

・夢見がちな人

といった人たちが多いようです。

家庭や仕事などに不満があったり、仲間が欲しい人は洗脳されやすいかもしれませんね。

自己責任の意識が大切です。

自己責任

ネットワークビジネスはアップがいるのでついアップを頼りにしがちです。

しかし、助けてくれないから成功できないと言うような言い訳は通用しません。

自己責任の意識が大切なんです。

分からないことがあったらアップに聞けばいいのです。

意外と聞きもしないで、そのままストップしてしまう人が多いのです。

ネットワークビジネスと言ってもきちんとしたビジネスです。

なぜ自分がアライヴンでビジネスするのか、その目的意識を明確にすることが大切です。

今はわざわざセミナー会場に足を運ばなくても自宅やスマホでWEBセミナーが受けられます。

まとめ

ネットワークビジネスは自己責任の意識が大切です。

アップが助けてくれないから成功できないと言うような言い訳は通用しません。

自分がやりたいことを選択して、自分で決断して行動に移すこと、

それが成功するための条件です。

セミナーやイベントを賢く利用するのが大切といえますね。

しかし、セミナーは負担になっていませんか?

今はわざわざセミナー会場に足を運ばなくても自宅やスマホでWEBセミナーが受けられます。

声をかける人がいなくなって困っていませんか?

ネットワークビジネスの一番の問題は「声をかける人がいなくなる」ことです。

声をかける人がいなくなったら、あなたのビジネスはもう終わりです。

でももし、その人脈が無限にあり、しかも相手から「話を聞かせて欲しい」
と言ってくる方法があるとしたら、あなたは興味ありますか?

もう人脈が尽きる心配をする必要はありません!自動でリストが増える方法とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする