グリーンプラネットは口コミで広げるねずみ講なのか?

声をかける人脈が尽きても大丈夫!惹き寄せオンラインリクルート法とは?

 

ねずみ講とマルチ商法の違いについて

グリーンプラネット

ねずみ講とマルチ商法は勧誘方法や組織構造が似ていることから、
どちらも同じものと捉えている人もいるようですね。

結論から言うと、グリーンプラネットねずみ講ではなく「マルチ商法」だと言われています。

ではまず、ねずみ講とマルチ商法の違いについて説明します。

あなたはグリーンプラネットなどのネットワークビジネスをねずみ講だと思っていませんか?

ねずみ講とマルチ商法の違い

ねずみ講」は、商品は一切介さず「金品のみの受け渡し」が目的となります。

ねずみ講は、「無限連鎖講」とも言われています。

無限連鎖講とは、
組織の会員になるには、(紹介者への)金品の支払いが必要であり、
自分が会員になると次は、一人会員を増やすごとに、紹介料として
「一部の金品」を得ることができる。

そうやって、親会員から子会員へ、子から孫へと無制限に増殖していき、
一番上の親が最も儲かるシステム のことです。

分配方式は、組織によって色々なパターンがありますが、ピラミッドの
一番上が儲かり、下にいけばいくほど儲からない仕組みになっています。

日本では、ねずみ講(無限連鎖講)は、法律によって禁止されています。

ねずみ講

グリーンプラネットはねずみ講と言わわれない勧誘方法はこちら

「無限連鎖防止法」の第三条
何人(なんぴと)も、無限連鎖講を開設し、若しくは運営し、無限連鎖講に加入し、若しくは無限連鎖講に加入することを勧誘し、又はこれらの行為を助長すること(行為)をしてはならない。とあります。

つまり、ねずみ講は犯罪です!

グリーンプラネットは『マルチ商法』 真っ当なビジネスだった!

マルチ商法

グリーンプラネットなどのネットワークビジネスは『マルチ商法』といいます。

「マルチ商法」では、”商品の販売” が目的となります。

広告費や店舗の人件費をかけずに、口コミで販売をします。

日本人はやたらアンチマルチ派が多いですね!

そういう商売の人が成功すること自体がおもしろくないとのでは?

お店で買うか、人から買うかの違いで、ある意味自分で営業して
いるのだから凄いと思います。

グリーンプラネットが行っているマルチ商法(連鎖販売取引)には、
一応違法性はありません。

しかし、特定商取引法という法律で規制されているため、
法令遵守しなければ違法行為となることもあり得ます。

日本国内においてマルチ商法(連鎖販売取引)の風潮は悪いと
言わざるを得ません。

「日本ではアンチマルチ派が多い」という意見もありますが、
マルチ商法を通じて不快に思う人が多いということは事実です。

法令遵守されているのであれば別に問題はありませんが、
マルチ商法の場合違法行為になる可能性が高いビジネスです。

ねずみ講ではない

まとめ

・ねずみ講は、完全に犯罪(違法)である
・マルチ商法は商品の販売を目的としている
・マルチまがい商法はねずみ講と同じ犯罪です

グリーンプラネットなどのネットワークビジネスは、『ねずみ講』ではなく、
マルチ商法』だということがわかりましたね。

ですが、販売方法を間違ったり、強引な勧誘を行えば、違法行為
となります。

ほんの一部の人が違法行為を行うことで、ネットワークビジネスが
詐欺まがいのビジネスだと思われるのは、とても残念なことです。

ねずみ講とマルチ商法の違いを理解して、違法なビジネスを
やらないように気を付けたいですね。

もう人脈が尽きる心配をする必要はありません!自動でリストが増える方法とは?

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする